☆☆温故創新☆☆

 

忘れてはいけない!

伝統的コンサルティング・プランもあります

 


生産系

5Sブラッシュアップ

5S環境を見直すことにより、職場に隠れている無駄を見つけ出し、無駄を取り除く活動を推進します。また、5S定着化の程度についての評価を行い、結果に応じてブラッシュアップの方策をご提案いたします。

 

KYT導入

KYTは危険予知のためのトレーニングであり、作業者において安全意識を高めるとともに、予防の技術・行動を身に付け、職場における事故・災害ゼロを実現するための方法です。

 

改善プロジェクト導入

VE式改善プロジェクトを導入し、自己革新型組織をつくります。VE式改善プロジェクトは、自主的かつ継続的に改善活動を行うことを促進し、社員一人一人の改善スピリットを育てます。また、その成果を結集・蓄積することを通して組織の革新能力を高めます。

 

一日工場診断

一日工場診断を行い、工場経営管理の現状を診断します。診断を通じて生産性向上の余地を測定するとともに、企業の長所と短所・強みと弱みを踏まえ、今後の改善の方向性を明らかにします。自社の現状を知るためには、比較の視点が必要です。外部の専門家に診断を依頼することで、自社の現状理解を深めることができます。

 

工場診断詳細編

工程管理、品質管理、作業管理、原価管理の各管理体制について診断を行います。それぞれの項目について掘り下げた診断を行います。生産性向上のために改善すべき点を明確化し、改善の道筋を示します。

 

食品工場のオペレーション効率化

食品工場の各作業を見直し、ムダな動き・重複作業・手待ち時間を削って作業時間を短縮して作業効率を高めます。また、作業負荷を見直すことにより、作業ミスの低減や社員間の協力意識の向上につなげます。

 


物流系

一日物流診断

一日物流診断を実施します。物流管理・在庫管理・ロジスティクス管理・物流戦略の4つの視点から、物流管理体制の現状を診断いたします。診断を通じて物流の効率化・コストダウン余地を測定するとともに、改善すべき点を明確にし、今後の改善の道筋を示します。

 

物流コスト改革

売上の伸びと合わせて物流コストも肥大化していきます。売上が順調に伸びている企業ほど、物流コストの予防管理の必要が高まっていきます。売り上げは十超に確保できている(伸びている)にもかかわらず、利益率が下がってきている場合には、物流コスト対策が十分でないことがあります。

 物流コストは、運送会社に対する支払運賃だけではありません。事業全体の様々な箇所に内包されているため、これらを診断・分析し、物流コスト総額を見える化します。

 

構内物流作業の効率化

物流作業は、秒単位・分単位の短時間作業を繰り返す作業が多いため、小さなロスが積み重なって大きなロスにつながります。モノの流れと作業の流れに着目し、ムダな時間浪費を削っていきます。

 


人事系

OJT強化・社員育成システム導入

OJTを進めるに当たっては、OJTを現場作業者の個々の裁量に委ねるのではなく、会社として方針を定め、計画的に実行していく方が効果的です。当社では、作業を標準化した上で、スキル要件を明確にし、ステップアップ方式で作業者が徐々に仕事を覚えていく育成システムをご提案しています。このような方法をとることにより、作業者は無理なくステップアップできるとともに、次の目標を自分で立てることができるので、働く意欲や自主性を高めることにつながります。
  

職能評価制度導入

作業を標準化した上でスキル要件を明確にし、ステップアップ方式で作業者が徐々に仕事を覚えていく育成システムを導入します。作業者の技能向上だけでなく、働く意欲や自主性を高めることに貢献します。

 

目標管理制度導入

自主的な目標を定立し、目標に向けて活動をコントロールしていきます。目標と成果を比較し、改善点を明確にして次の目標設定に活かします。目標管理は社員の自主性・積極性を促す意味で効果的ですが、一方で、「目標管理のための目標設定」が行われたり、評価基準があいまいでブレたりして、運用の難しさが指摘されています。当社では大手企業で目標管理制度の推進・運用を経験してきたコンサルタントが、実務上の問題点を踏まえた導入・運用を支援します。

 

技能伝承プログラム

企業の保有する競争力の源泉としての技術・技能を次世代に引き継ぎ、これを発展させていくための仕組みづくりをサポートします。技術・技能の伝承こそが企業の永続性確保のために最も重要なことであり、長期の視点を持つことが必要です。仕組みを作るだけでなく、伝承活動を継続的に行うとともに、技能を発展させていかなくてはなりません。また、継続的・発展的な伝承活動を支えていくための風土・文化を形成し、定着させていくことが大切です。

 


新入社員・中途採用者研修

入社時の説明を丁寧に行い、定着率を高めることに貢献します。 新入社員研修プランは、人数に応じて集合型研修又は個別面談形式で行います。構内作業に求められる基本的な心構え・ルールのほか、5Sや安全に関する基礎教育、企業の社会的責任(CSR)に関する教育を行います。経験者の中途採用であっても、工場管理や現場管理の進め方や考え方は企業によって大きく異なるため、自社の仕事を正しく教えるためにも新入社員研修は欠かせません。

 

現場監督者スキルアップ

少人数集合型レッスンを通じて、生産管理、工程管理、品質管理、原価管理、業務プロセス・5S管理・改善管理のほか、機械設備管理、安全衛生管理、労務管理の基礎知識の精緻化を目指します。

 

経営管理者養成

マンツーマンレッスンまたは少人数レッスンで管理者スキルを高めるトレーニングを行います。経営管理者に求められる基本スキルを体系化し、ワークシートを用いて効率よくトレーニングを進めます。基本スキルのほか、MBA式のケース・メソッドを活用し、企業の業態・製品特性に合わせたマネジメント・スキル(開発、生産、物流、販売、事務、人事)の演習を行います。

また、技術経営(MOT)やイノベーションの中から、中小製造業の経営管理者が知っておくべき実戦的な知識をレクチャーします。工場の管理者、工場長、営業所長、センター長など、経営トップと現場の橋渡しを担う重要な役職を対象としています。

 

事務の効率化

事務作業は無駄が積み重なりやすい仕事領域です。事務フローを見直し、不要作業や重複作業を削減していきます。事務作業の簡素化・効率化を行い、業務のコストダウンとスピードアップを実現します。

 


mail form

コードを入力してください。:

メモ: * は入力必須項目です